2015年04月10日

7年前の君は

 ようやく春になったと思ったら、急に寒い日が戻ってしまいました。それでも頭上の桜を仰ぎ見ると、ただただ嬉しい。開業して7年目の桜です。

 開業する前に、先に開業していた先輩のクリニックに相談に行きました。色々な不安がありました。場所のこと、スタッフのこと、お金のこと、そして自分の技量のこと。先輩も一時は資金繰りに苦労したことがあったそうです。そんな様子は全くなかったので驚きました。

「そんな時にえいっとクルマ買っちゃったんだ。そうしたらそのあたりから経営が軌道に乗った。」

 なんと剛気な。気の小さい私はその時はそう思いました。その時、先輩のクリニックは7年目でした。気がつけば私のクリニックもその時の先輩と同じ7年目です。当時、先輩に脅かされたトラブルの数々を、それこそ舐めるように経験し、これまで思えばなかなかの冒険でした。

 きっと先輩は励ましてくれたんだと思います。今では二つのクリニックを経営して大成功しているようです。私にはとても無理です。これまで通り、地味にこつこつやるつもりです。

 この時期は学生にとっては節目の季節ですね。7年やっていると、小学生だった患者さんが大学生になってたりするので感慨深いです。思い出すのは幼い顔、ニキビ面、ちょっと反抗して伸ばした前髪、ちょっと照れくさそうに進学先を教えてくれた顔。医学部に進学した子もいました。みんな幸多かれと願います。

 このタイミングでコンタクトレンズを希望される方が多いです。初めてコンタクトに挑戦するにはいいタミミングでしょう。なんとかデビューの応援をしている感じです。

 私たちはいわゆるコンタクト眼科ではありません。コンタクトの処方箋も出しておりません。便宜的に数種類、コンタクトを扱っていますが、種類も値段も充実しているとは言えません。

 コンタクトを処方するにはテストレンズというお試しのレンズが必要です。一つのレンズでも何種類もの度数の違い、カーブの具合の違いがあり、その中から一番あったものを選びます。つまりたくさんのテストレンズを常備しておかなければならないのです。残念ながら当院には大きな棚も倉庫もありません。よって、どうしても種類を限るしかないのです。

 最近では乱視用、遠近両用など多種多様なレンズがあって、ますます細分化しています。それら全てに対応するのは、やはりスペースの問題から断念せざるを得ません。幸い沿線にはコンタクト量販店も多いので、そちらを案内することになります。

 コンタクトにはトラブルがつきものです。こちらに関しては十分対応可能です。装用方法に問題がある場合がほとんどですが、中にはドライアイやアレルギーなど病気が背景にある場合も少なくありません。治療が必要なだけでなく、そのような場合、使えるレンズが限られることもあります。

 使いたいレンズが、または最新のレンズが自分にとって最良のレンズでは無い場合もあります。向き不向きなどアドバイスすることも多いです。問題無い方は他で購入して頂いて全然構いません。問題がある方のご相談に乗りたいと考えています。

 7年の間、色々ありました。震災もあったし、病気もしました。街も新しい店ができ、いつの間にか古い店が更地になります。並木の桜は以前のまま、今年も旺盛に咲きました。今年はどのような1年になるでしょうか。

ファイル 2015-04-10 13 52 33.jpeg
posted by kawagucci at 15:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

三寒四温

 3月になった途端、雨や風の日が多くなりました。本州の南岸を低気圧が通過するようになったためですね。寒さと乾燥ばかりの冬が終わるサインです。低気圧がもうちょっと北よりを通れば春一番かもしれません。もう少しですね。

 以前は天気にあまり頓着しませんでした。勤務医時代は病院と家の往復で、空を見上げる事もありません。いつのまにか夏が来て、いつの間にか冬になる、そんな暮らしでした。クルマ通勤でしたので、暑さ寒さに鈍感でしたし、真っ暗な車窓からの風景は一年中変わりません。気にする余裕もなかったというのが正直なところです。

 今は自転車通勤なので、ちゃんと天気予報を見ていないと帰りにズブ濡れになることも珍しくありません。季節が変わるごとに服装も、沿道の風景も、空も風も変わります。桜が咲き、帰り道が夕焼けになり、朝から陽に焼かれ、落ち葉を踏み、木枯らしに逆らって走ってます。

 カヤックや釣りで海に出ますが、遮るもののない海は陸と比べて風が強く急変しやすいです。出る前日は天気図とにらめっこです。しょっちゅうそんな事をしていると、門前の小僧のように素人なりに読めるようになります。まあ外れる事も多いのですが、良い方に転ぶならそれでもいいです。逆の場合、最悪生きて帰れません。冬山の遭難や海難事故のニュースを耳にする度に、怖いなと思います。

 花粉情報も天気予報で提供されますね。厳密には花粉の飛散予測などは気象庁の予報業務ではなく、環境省の仕事のようです。スギやヒノキの開花、花粉飛散メカニズムや、気象との関係も研究されているようです。天気や風向きによって飛散量は変わりますし、積算日照時間で飛散開始日を予測するので気象とは密接に関連しています。

 毎日見ていると、これまたどのくらい飛散するのか分かるようになります。毎年、花粉が飛び始めて最初にピークを迎えるタイミングがあります。その時ばかりは普段は空いている当院も混雑します。Xデイと呼んでいるんですが、来る人、来る人すべて花粉症という酷い日です。雨後の好天、南の強風、うーんこれはヤバいぞと思ってると翌日はXデイ。分かったからどうという事はないのですが、心構えはできます。

 最近打ち上げに成功した日本の気象衛星「ひまわり」は高精度のカメラを搭載しているんだそうです。カラー画像を観測する事が出来るようになり、これまで白黒で見分けられなかった雲と黄砂を区別できるようになるそうです。これを聞いた時に花粉は見分けられるんだろうかと考えました。そのうち衛星画像で花粉飛散情報が見られるようになるかもしれません。あまり見たくないですが。

 少なくとも新しい「ひまわり」でより精細な観測が出来るようになるそうです。それは主に台風や集中豪雨などの災害予測に非常に有効だそうです。東京でも異常気象を実感できる昨今です。精度の高い予報に期待したいですね。今のところ、「明日は雨だから外来はヒマだな」とか「天気がいいから釣りに行けるな」くらいしか役に立たない私の予測も少しは精度が上がりそうです。

 天気予報は当たって晴天でしたが、紫外線が強くなっている事を忘れて思い切り日焼けしてしまいました。大荒れの後の海岸で、おそらくは近くの川から流されてきた亀を見つけました。冬眠から醒めたばかりだったのでしょうか、とんだ災難だったでしょう。助けたら竜宮城に連れてってくれるでしょうか。

写真 2015-03-04 11 53 33.jpg
posted by kawagucci at 17:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

春まだ遠く

 早いものでもう2月です。今年は年末年始に娑婆に居なかったせいか、いつまでも年が改まった感覚がないまま過ぎていきます。書類の日付を記入する時にいちいち確認している始末です。

 入院、手術に関しては、多くの方にご心配おかけしたと改めて感じます。外来で声をかけて下さった方々が多くて、有難いやら恥ずかしいやら。もうパッと見では傷も患部も分からないと思います。残ってる症状としては、耳の感覚が無い事と、引き攣れる事だけです。首を大きく動かした時に耳が引っ張られたように錯覚します。夜一人で居る時に暗闇を振り返るとビックリします。

 前傾姿勢がちょっと辛いので自転車通勤は自重しておりましたが、昼休みに駒沢公園あたりまでは出かけられるようになってきました。ここは梅が咲くのが早いんですが、今年はちょっと遅いように感じます。

12.jpg

 例年、ここの梅が咲く頃にスギ花粉が飛散開始するようです。わずかですが観測され始めましたね。昨年は一昨年の大量飛散の影響か、とても少ない年でした。今年は例年並みということなので、昨年よりは辛いシーズンかもしれません。

 スギの花は勘弁ですが、早く桜の花が見たいですね。スギのように風の力で花粉を雌花まで飛ばす風媒花といいます。花粉が軽く小さいのでアレルゲンになります。一方、虫の力で花粉を運ぶ虫媒花は、花粉が重く大きいのでアレルゲンにはなりにくい。しかも奇麗でいい香りがします。花の季節はもうすぐですね。
posted by kawagucci at 15:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

耳下腺腫瘍 術後10日

1月3日
帰宅してバタバタしているうちに、あっというまに正月三が日が終わろうとしています。こうしてあっという間にまた一年が過ぎるのかもしれません。まだ傷のところが意識されるため、術後だという事を忘れる事はありません。高いと棚のものを取ったり、振り返ってテレビを観たりすると引き攣れる感じはあります。一年後には忘れるくらいになっているでしょうか。
傷口のところは指定された茶色い紙テープではなく、傷パワーパッドのような被覆剤を切って貼っていました。少しでも傷がキレイにならないかと思って。まあ横から見なければ目立たないので気にしていません。ちなみにブラックジャックにも同じ場所に傷があります。もう被覆剤すら面倒で、今は何もしていません。下手に何かで覆ったりするより余り目立たないと思っています。

本来なら明日から働いていたはずです。この状態なら十分可能だったかもしれません。少し余裕があって調度いいのかな。普通に働ける事、それがこれほどありがたい事だとは思いませんでした。時々定期検診などで休まなければならない事もあるでしょう。でも後は時間薬だと思っています。
posted by kawagucci at 16:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳下腺腫瘍 術後7日目

12月31日 術後7日目
手術してからとうとう1週間です。傷は痛くも痒くもなく、腫れが残ってるくらいです。紙テープになって分かったのは、首を大きく動かそうとすると突っ張る感じがする事。テープの張力のせいかと思っていましたが、これは傷周辺の腫れや、もしかしたら組織の短縮や瘢痕のせいかもしれません。後ろを振り返るようなことをしなければ、特に不都合はありません。

病院食もいよいよ最後です。基本は従来のカロリーベースで調整された食事なので、野菜が多く脂の少ない薄味なものです。当然のように白米は三食たっぷり付きます。普段は肉や魚など蛋白質が多く、ほとんど炭水化物を摂らない食事なので、これは食習慣的にも精神的にもキツかったです。
冷蔵庫には副食で出た甘ったるいゼリーやジュースが大量に貯まってしまいました。帰ったらガッツリ脂の乗った肉が食いたい、新鮮な生魚が食いたい、そんなそんな妄想でうなされそうでした。意外と酒には執着しませんでした。まだ本物のアルコール依存性ではないってことかもしれません。
朝の診察で残り半分の糸を抜糸しました。傷を寄せておく小さな短冊形のテープを貼ってもらって終了です。最後のお風呂から戻ると退院の連絡が来ました。着替えて会計を済ませ、晴れて退院しました。

家に帰る前に豆乳ラテを飲んでみたり、立ち食いステーキ店でサーロイン食べてみたり、寄り道して入院時の鬱憤を晴らしました。いきなり大晦日の街に出て、浦島太郎のような感じがします。もう誰の許可を得る事無く、買物したり移動したりできる。自由は素晴らしいな。
posted by kawagucci at 16:16| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳下腺腫瘍 術後6日目

12月30日 術後6日目
朝の診察で翌日の退院が決まりました。何とか年内に帰れそうです。同時に傷口の半分を抜糸してもらいました。残りは明日の朝のようです。これまで外傷で幾度となくあちこち縫ってきましたが、今までで一番痛くありませんでした。おそらく傷周辺の麻痺が原因でしょう。これまでシート状の被覆材でシールされていましたが、簡単な紙のテープだけになりました。実のところ、この方が痛みを感じます。

最近では火傷などでこのシールが使われます。傷を湿潤状態に保ち、浸出液下で速やかな新しい皮膚の再生を促す効果があります。湿潤療法と言います。厳密には「消毒しない」という条件があるので、私の場合は違うかもしれません。処置毎にイソジンか何かで消毒されてました。枝葉はともかく、このシールの良いところは痛くないことです。テープや絆創膏のようなものになると乾燥に伴って痛み痒みが必発です。退院したらキズパワーパッドに交換しよう。多分傷痕も目立たなくなる。

年末休みなので処置は若い研修医の先生が一生懸命やってくれます。何が凄いって、やっぱり裸眼で抜糸できること。私はもう老眼鏡か顕微鏡が無いと無理です。全部で17針だったようです。

腫れもだいぶ引いて、耳なんかは厚さが三倍くらいあったのに、少なくとも上の方は倍以下に薄くなりました。腫れが引いてきて初めて気付いたんですが、耳が動かない。まあ、もともと犬のように動くものではありませんが。右側はヒクヒク動かせますが、左は全く駄目です。感覚はともかく他の運動麻痺は無いのでこれくらいは仕方ないかもしれません。
posted by kawagucci at 16:15| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳下腺腫瘍 術後5日目

12月29日 術後5日目
今日は雨が降っています。外はきっと凍える寒さでしょう。病室は室温25℃、湿度30%に保たれています。入院していると段々普段の生活を忘れていきそうです。ひどい正月ボケになりそうで心配になってきました。

今日の診察で、傷のテープがとても小さくなりました。自分では見えないのですが、テープかぶれを起こしているようです。痒みは傷が治る経過のせいかと思っていました。テープを最小限にして、赤くなった部分にステロイド軟膏を塗られたためか、痒みはだいぶ楽になりました。相変わらず耳朶や頬の一部は感覚が無いので、痒いんだけど掻いても伝わらないという拷問ですが。

テープ越しに見る縫合部は入院仲間にキレイだと褒められています。傷自慢なんて変な感じ(笑)。みんな暇なんですね。このまま時間と共に回復していくんでしょう。もうあまり特筆すべき経過も出来事もありません。退院までゆっくり過ごすだけだと思います。

入院してくる人は少なく、一人また一人と退院してゆきます。今日退院した若い女性はちょっとしたトラブルメーカーでした。面会者と病棟中が凍りつく痴話喧嘩を起こしたことがあり、退屈な入院生活ではちょっとしたゴシップでした。「あんたが...$%%<..帰ってよ!」ってドラマでも今時無いんじゃないでしょうか。夜には深夜までキャッキャウフフで長電話してましたが。ああせいせいした。
posted by kawagucci at 16:14| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳下腺腫瘍 術後4日目

12月28日 術後4日目
朝起きるたびに鏡で傷を確認しますが、シール越しなのでよく分かりません。痒いような疼くような感じは治りかけの証拠でしょうか。暇にまかせて見ていたTVで、韓国の美容整形について放送していました。その中に下顎骨を削るという手術がありました。いわゆるエラです。耳下腺手術を経験して実感しますが、これは結構危険な手術ですね。顔面神経を傷つけたら美容どころの騒ぎでは無いでしょう。

朝の診察で傷口のテープを張り替えてもらいました。昨日の入浴時に濡れてビロビロになっていました。綺麗な透明になったので、傷の様子が良く分かりました。耳の前から首の横へ、結構長いです。しばらくの間は目にした方はギョッとするでしょうね。髪が長ければそれほど気にならないかもしれません。腫れと感覚の無さは変わりません。痛みはありませんが、相変わらず口は大きく開けられません。

もう点滴は無いので、診察が終われば昼飯まで何もありません。勇んで院内のコーヒーチェーン店へ向かいました。しかしエレベーターを降りてみれば真っ暗で人気はありません。そう、今日は日曜日。そして大学病院の今年の通常業務は昨日までで終了していたのです。当然店も来年の診療開始までお休み...。

普段はごった返している外来も今日はしんとしています。誰もいない廊下、電気の消えた外来、シャッターの降りた食堂。この時期に入院している患者さんも少ないようで、本当に静かです。世間では忘年会や大掃除などの年末らしい喧騒の中なのかもしれません。普段からボッチの多い自分ですが、さすがに堪えました。自販機のコーヒーを手に空っぽの駐車場を見ていると、遠くから救急車のサイレンが聞こえてきます。ここではまだ働いているドクターもナースもいます。
posted by kawagucci at 16:14| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳下腺腫瘍 術後3日目

12月27日 術後3日目
入院生活にもだいぶ慣れてきました。朝の診察でドレーンを抜きました。最初からあまり血も浸出液も出ず、昨日からはほぼゼロといった感じだったので、無くても差支えないのでしょう。首から下げていたポシェットが無くなって少し寂しいですが、煩わしさが無くなってサッパリです。

こういった処置は多少なりとも痛みを伴うものです。傷口の側ですから障らないわけはありません。でも大抵は「ちょっとチクっとしますよ」の一言でエイっと行われてしまいます。我々はそんなものだと思っていますし、日常の診療の中で痛みの程度を想像する機会が多いためでしょうか、許容できます。しかし普通の患者さんはそうではありません。何をされるか分からない恐怖も相まって痛さ倍増かもしれません。麻酔をすればいいじゃないかと考える方もいるでしょう。しかし麻酔の注射も痛いので、小さな処置では本末転倒になってしまいます。結局のところ、相手の許容度を良く読んで、それを充分理解した対応をするしかないのかもしれません。

夕方には点滴も無くなるので、首から下の入浴許可を頂きました。体重測定がありましたが、なんと2kgも増量です。運動不足もあるでしょうが、点滴にも食事にも糖質タップリなのが原因でしょう。退院時が怖いです。トイレでの痛みも無くなりました。アンパンマンのように腫れていた顔もジャムおじさんくらいになってきました。耳朶の感覚が無いのは相変わらずですが、左頬の感覚は心なしか回復しているようです。厚い布地越しに触ってるような感じです。足が痺れたときのようなジーンとした感覚もあります。

4日ぶりに入るシャワーはとても気持ちが良かったです。創部と点滴の留置部をビニールでカバーするんですが、どうしてもちょっと滲みちゃいますね。夕食後に最後の点滴があり、いよいよ点滴のラインからも解放されました。少しづつ管が減っていき、快方に向かっていることを実感します。グロい見た目さえ気にしなければ、明日からでも働けそうです。アクビして大口開けるとまだ痛むけど。
posted by kawagucci at 16:13| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳下腺腫瘍 術後2日目

12月26日 術後2日目
朝起きると検温、朝食、そして診察です。診察といっても張ってあるフィルムの上から観察したり、ちょっと押したりしておしまいです。終わると間も無く点滴が始まります。止血剤と抗生剤と胃薬とこれでもかっと言うくらい次々に入れます。水ぶくれしてしまいそうです。おかげでトイレが近い。点滴を引きずってトイレに行くんですが、バルーンを入れていたせいでとても痛い。しばらくはトイレが恐怖になりました。

傷口は昨日と変わらず、特に痛くもありません。食べる時に大きく開かない以外は不自由も無し。ただベッドで起き上がろうとする時に首が筋肉痛のように痛い。切ってない右側も痛むので、傷とは関係ない感じです。長時間の手術中に不自然な姿勢を取ったのかもしれません。寝違えたかのような感じでしょうか。午後には収まってきました。

年末で面白いTV番組も無く、ネットもろくろく繋がらない。実は身内以外には手術の事を話していないので見舞客もいない。本当に暇なので、この闘病記を書くことにしました。友人に話せなかったのは、顔面神経麻痺の可能性があったことも大きいです。目が閉じなくなったり、口が曲がったりしたら、たぶん誰とも会いたくないでしょう。ほら顔が自慢ですから(冗談です)。良性であれば後で笑って話せば心配かけることもないし、悪性だったら...ちゃんと心の整理がついてから話したいじゃないですか。

院内は暖かいですが非常に乾燥しています。朝干したタオルが昼にはパリパリです。体もカサカサで痒いです。そろそろ風呂が恋しくなってきました。耳朶は相変わらず感覚が無いのですが、不思議と痒みだけありました。しかしいくらかいても痒みは満たされない不思議な感じ。ピアスの穴を空けるならチャンスかも(空けませんが)。
posted by kawagucci at 16:12| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする