2015年01月04日

耳下腺腫瘍 術後3日目

12月27日 術後3日目
入院生活にもだいぶ慣れてきました。朝の診察でドレーンを抜きました。最初からあまり血も浸出液も出ず、昨日からはほぼゼロといった感じだったので、無くても差支えないのでしょう。首から下げていたポシェットが無くなって少し寂しいですが、煩わしさが無くなってサッパリです。

こういった処置は多少なりとも痛みを伴うものです。傷口の側ですから障らないわけはありません。でも大抵は「ちょっとチクっとしますよ」の一言でエイっと行われてしまいます。我々はそんなものだと思っていますし、日常の診療の中で痛みの程度を想像する機会が多いためでしょうか、許容できます。しかし普通の患者さんはそうではありません。何をされるか分からない恐怖も相まって痛さ倍増かもしれません。麻酔をすればいいじゃないかと考える方もいるでしょう。しかし麻酔の注射も痛いので、小さな処置では本末転倒になってしまいます。結局のところ、相手の許容度を良く読んで、それを充分理解した対応をするしかないのかもしれません。

夕方には点滴も無くなるので、首から下の入浴許可を頂きました。体重測定がありましたが、なんと2kgも増量です。運動不足もあるでしょうが、点滴にも食事にも糖質タップリなのが原因でしょう。退院時が怖いです。トイレでの痛みも無くなりました。アンパンマンのように腫れていた顔もジャムおじさんくらいになってきました。耳朶の感覚が無いのは相変わらずですが、左頬の感覚は心なしか回復しているようです。厚い布地越しに触ってるような感じです。足が痺れたときのようなジーンとした感覚もあります。

4日ぶりに入るシャワーはとても気持ちが良かったです。創部と点滴の留置部をビニールでカバーするんですが、どうしてもちょっと滲みちゃいますね。夕食後に最後の点滴があり、いよいよ点滴のラインからも解放されました。少しづつ管が減っていき、快方に向かっていることを実感します。グロい見た目さえ気にしなければ、明日からでも働けそうです。アクビして大口開けるとまだ痛むけど。
posted by kawagucci at 16:13| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする