2015年01月04日

耳下腺腫瘍 術後1日

12月25日 術後1日
7時前頃に起こされ、オシッコの管(バルーン)を抜いてもらいました。これも微妙な痛みですが、その後初めてトイレに行った時の痛みは半端無かった。おそらく麻酔のゼリーがダラダラ出て、知らないとウミかと思うかもしれません。体を拭いてもらって着替え、やっと動けるようになりました。特にフラつきもありませんでした。

トイレの鏡で見てみると、顔の左半分はアンパンマンのように腫れていました。耳の前から顎下の首にかけて半透明な被覆材でシールされ、耳の後ろからはドレーンチューブが出ています。ドレーンとは体内に挿入されたチューブで、腫瘍をくり抜いた空洞に溜まる血や浸出液を排出するものです。しばらくはそれを溜めておく箱を首からぶら下げて歩くのです。可愛いポーチに入っているんですが、院内をお散歩する時にiPhoneやお財布を入れるのに便利でした。

診察後、約3食ぶりに食事です。納豆ご飯がこれほど美味いとは思いませんでした。その時に口が大きく開かないことに気が付きました。テープで突っ張ってるのと痛みが原因でしょうか。お行儀よく食べる他ありません。物足らなくて売店でアイスを買って食べました。

リカバリールームから戻り、タオルで顔を拭いたり歯を磨いたりしました。この時、左の頰と耳下半分の感覚が全く無いことに気付きました。それまでテープに覆われているからだと思っていましたが、そこは外に露出しています。耳朶をつねっても引っ張っても全く分からないのです。他人の耳朶の様でした。

耳朶に感じる、犬を抱き寄せた時のくすぐったさや、自転車で感じる冷たい風が好きでした。ちょっと残念です。誰もいない病棟の隅っこで口笛を吹いてみましたが、こちらは全然問題ありませんでした。なんとか無事に終わった開放感で、とても幸せなクリスマスでした。
posted by kawagucci at 16:11| 耳下腺腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする