2020年05月19日

閃輝暗点

緊急事態宣言下ですが、皆様お元気でしょうか。陽気は良いのに外出できないのは本当にストレスですね。

私は最近、閃輝暗点を経験しました。片頭痛の前兆で、ギザギザの光が見える現象です。もともと片頭痛持ちで、耳鳴りを前兆として自覚することはありました。しかし目の方に症状が出たのは初めてでした。興味深かったので記憶が鮮明なうちに記録しておきます。

朝方の雨音のせいで早い時間に目が覚めてしまい、PCでネットなどを見ていました。ふと視界の中心に残像のように見にくい部分に気がつきました。何か朝日のような強い光でも見たのかと思いましたが、外は雨です。PCの画面以外、特にライトなどもつけていません。見ようとすると邪魔なので鬱陶しいなと思いました。

数分して、その残像が環状に拡がってきたので流石に気がつきました。これは閃輝暗点だと。視界の中央に光の輪があって、相対的に視野全体が暗くなっています。光の輪は逆Cの字で左側の一部が欠けていました。環を構成する細かい線が、マンガの集中線のように中心から周辺に向かって並んでいました。線はキラキラと様々な色で光り、美しかったです。ちょうど下の図のような感じでした。

IMG_2356.jpg

よく患者さんに質問するように、右目左目と代わる代わる見てみましたが、どちらでみても同じように見えます。これは目というカメラの故障ではなく、両眼の情報が統合されている脳内での事件であることを示しています。また、目を閉じても見えました。

この辺りまでは冷静に楽しむ余裕があったのですが、およそ20分ほどして少し症状が変わってきました。光の環は徐々に大きくなって視野の周辺部に移動し、だんだん見えなくなって行きました。同時に目の上の骨のあたりに鋭い痛みが出始めました。また薄ら吐き気もします。起きてからプロテインしか飲んでいないので、吐くものは殆どありませんでした。その後、偏頭痛の薬を飲んだので症状は叙々に治って行きました。

発作中に計算や英語のリスニングなどをしてみましたが、もともと大したことないせいか能力の低下などは感じませんでした。運動機能も確認すればよかったんですが、そこまで考えが至りませんでした。

こんなご時世でもなければCTなどを受けてみる良い機会だったかもしれません。症状を繰り返す場合などは検討してみます。

光の環、何かに似ているなと思ったんですが、あれです。東京オリンピック2020のシンボルマーク。このまま夢幻の如くなくなってしまうんでしょうか。

IMG_2354.jpg
posted by kawagucci at 14:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

連休について

バタバタしていて更新が遅くなりました。というか更新したつもりになっていましたが、反映していませんでした。

水曜日の代休を頂いた以外は暦通りになります。連休明けの対応はまだ未定ですが、自粛は1ヶ月延長の見通しであり、4月からの体制を維持することになりそうです。今後も状況を見て判断になりますので、お手数ですがお電話でご確認下さい。

連休2020.jpg
posted by kawagucci at 08:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする