2016年09月15日

渓谷のシャワー

 いつの間にか夏が終わってしまいました。ほっとしてる方も多いと思います。私は日が短くなり、空が高くなってくると寂しくて仕方ありません。

 このところ台風と秋雨前線で、お天気が良くないですね。季節の変わり目には必ず雨が降り、海が荒れます。そんなわけで、大好きな釣りにも行けていません。休日をぼうっと過ごすのは好きではありませんので、友人のレジャーに付き合うことにしました。

 キャニオリングと言って、山奥の渓谷で遊ぶアクティビティーです。滝に飛び込んだり、急流を体一つで流れ下ったり、ロープで谷を渡ったりスリル満点です。アドレナリン大好きな欧米人には以前から人気のようです。近年、日本でも盛んになってきたようです。

 あいにくの天気で時折雨がパラついていましたが、もとより濡れる遊びなので気になりませんでした。長年、急流に削られた上流域の岩の造形は美しく壮大です。話し声もかき消す水の力には畏怖を禁じえません。重装備で歩いていると息が上がりますが、冷たい渓谷の水が気持ちよかったです。

 岩の上から数m下の滝壺にジャンプするときの爽快感、見えない急流の先に身を任せる恐怖感とその後の達成感。思わず声が出そうな興奮に頭の芯までスッキリしました(翌日は筋肉痛で地獄でしたが)。

 滝壺に沈む時にうっかり片目のコンタクトレンズを流してしまいました。もう片目は大丈夫だったので問題なくツアーを続行できましたが、軽くパニックでした。街中ならともかく、足場も悪い川の中です。もう片方が心配で思い切り楽しめなくなってしまったのは残念でした。こんな時は本当に不便です。

 普段から釣りやカヤックの際には予備のレンズを携帯しているので、すぐに対処できました。もし可能なら自分に合った1Dayタイプのコンタクトレンズを用意しておくといいですね。遊びに行くときのバッグだけでなく、普段使う通勤用バッグにも常備しています。もし何かトラブルがあっても、痛いのを我慢して使わず交換したほうがいいですよ。

 水泳や他のマリンアクティビティーの際にはゴーグルを使用するので油断していました。基本的に水中で目を開けてしまったらレンズは無いものと思ってください。私のレンズは今頃、東京湾にたどり着いた頃でしょうか。

 2週間や1ヶ月交換タイプのソフトレンズ使用の方は、おそらく問題無いと思います。しかしハードコンタクトの方は違和感が大きいでしょうね。乱視の矯正が今ひとつなので、見え方で不満が出そうですし、何より扱いが慣れないでしょう。感覚的には半分くらいの方が使えません。

 ただこんなスポーツをやる時や、旅行、出張の際に便利です。そしてドライアイやアレルギーの時に、レンズへの影響を心配しなくていい。花粉症の時だけ1dayという方も結構います。本当にひどい時は1dayでもダメですが。

 水中で目を開けてしまうとレンズが流れるだけでなく、目が洗われる感じとなって違和感が残ります。以前も取り上げましたが、目を洗うのは前世紀のやり方です。洗ってしまうと粘膜の機能が落ちて、感染もアレルギーも増えるので止めておいたほうがいいですよ。

 まだ南海上には台風がいくつも待機しているようです。海に出られるのはお彼岸の後でしょうか。

P9070050.JPG
posted by kawagucci at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする